リスティング広告の特徴4ポイント|これだけは押さえよう

リスティング広告の特徴4ポイント|これだけは押さえよう


1、リスティング広告とは

リスティング広告とは、ユーザーが検索エンジンで調べたとき、その検索結果の画面に、調べた言葉と関連のある広告を表示する広告です。テキスト形式で検索結果のサイトと似たような表示方法であることがほとんどです。 赤いマルで囲んである部分が、リスティング広告です。通常の検索結果の上に表示されています。画像では「パソコン」と検索していますから、パソコンと関連した広告が並んでいますね。    

2、リスティング広告はコストパフォーマンスが良い!

リスティング広告の長所は、ずばりユーザーの欲しい情報に近い広告が表示されることです。検索エンジンのユーザーが検索したワード、つまりユーザーが「知りたい!」「この情報が欲しい!」と思っているものと、関連した広告が出るようになっています。そのため、広告から実際に自社サイトに行くユーザーの割合が多く、商品購入・会員登録といった成果にもつながりやすくなっています。 具体的には、「キーワードを購入し、そのキーワードが検索された場合、リスティング広告欄に自社サイトの広告が表示される」という形になっています。 さて、そのキーワードの購入ですが、基本的にはクリック回数に応じて課金されます。大体1クリック10円~数千円の範囲で、自分自身で課金上限を設定することもできるので、クリックされ過ぎて予算オーバー・・・ということもありません。キーワード購入の際の広告文章を作るといっても、バナー広告のデザイン制作のような手間はかかりません。 ターゲティングが正確に出来、さらに予算も自由で安く気軽に始められる。リスティング広告はこのようなコストパフォーマンスの良さが強みです。    

3、リスティング広告は広告の言葉に大きく左右される!

リスティング広告はテキスト形式であることがほとんどなので、バナー広告のように視覚的効果を工夫して集客することができません。そのため、「ことばが全て」という状態になります。表示される行数も少ないので、いかに短い言葉でユーザーにクリック意欲を起こさせるか、ということが非常に重要です。リスティング広告の文章の書き方が下手だと、全く効果が出ないということになりかねません。    

4、リスティング広告はコスパ良し、試してみよう!

以上で見てきたように、リスティング広告は非常にコストパフォーマンスが良く、気軽に始められるので、迷っている人や初心者はまずリスティング広告から始めてみるのがおすすめです。 リスティング広告は、Google AdWords(アドワーズ)Yahoo!プロモーション広告等への登録で始めることができます。ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × four =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)