ネット広告の基本~入門編~

paku_klakkws_TP_V

こんにちは。近年、マーケティングで「ネット」の活用は不可欠であるという時代になりました。今後の情勢を考えると、ネットの活用は経営上の死活問題といえます。そのような中、マーケティングの手法として注目を集めているのが「ネット広告」です。ネット広告はその他の広告と比較したときにメリットも大きく、値段も手ごろなため、戦略的活用によって収益増を目指すことが出来ます。そこで、このサイトでは、ネット広告の利点・欠点や、ネット広告それぞれの種類を徹底ガイドします!

 

 

1、「ネット広告」とは何か

「ネット広告」とは、ウェブサイトやEメール等に掲載される広告の総称です。画像・動画・テキスト等形態は様々ですが、そこからリンクが貼られており広告主のウェブサイト等に移動できることが特徴です。

ネット広告は比較的費用が安いうえに、最近はユーザーの嗜好に沿った広告表示も可能になりました。様々な可能性を秘めており、今後も市場の成長が期待できます。

 

 

2、ネット広告の長所

ネット広告はコストパフォーマンスが非常に高いのが特徴です。

☆広告効果の測定が容易

ネット広告は、アクセス解析ツール等を使うことにより、広告の効果を正確な数値で測定することが出来ます。結果が明確に示される分、より的確な改善策を打つことが可能です。

☆正確なターゲティングが可能

ネットには様々な情報があふれています。IPアドレス、行動履歴、会員登録の際の情報・・・これらを生かしてより正確にターゲティングをすることが出来ます。

☆費用が比較的低く、始めやすい

ネット広告は10円から始めることが出来、費用が他の公告方法に比べて安価です。広告の作成にも他の広告ほどの手間はかからないので、気軽に始めることが出来ます。

 

 

3、まずはこれだけ押さえよう!代表的なネット広告の種類

①バナー広告

banner

 

ウェブサイト上に表示される、画像による公告を指します。画像にはリンクが貼られており、画像をクリックすると広告主のサイトへ移動します。

 

②リスティング広告

リスティング広告

ユーザーが検索エンジンで調べたとき、その検索結果の画面に、調べた言葉と関連のある広告を表示する広告です。テキスト形式で検索結果のサイトと似たような表示方法であることがほとんどです。

 

③アフィリエイト広告

afiiliate

主に個人ブログでバナー等の広告を貼り、その広告がクリックされた場合にブロガーに報酬が入るという形態で行われている、成果報酬型の広告を指します。ブログで稼ぐ人は、大抵このシステムを利用して利益を上げています。

 

④動画広告

movieadd

ウェブサイト上に表示される、動画による公告を指します。映像を直接クリックまたは映像終了後に表示されるテキストをクリックすることで、広告主のサイトへ移動します。

 

⑤コンテンツマッチ広告

contentsmatch

ウェブコンテンツの内容やキーワードを分析し、それと関連性の高い広告を表示するシステムです。

 

 

4、最後に

これらのネット広告について、今後詳しい説明を追加していく予定です。まずはネット広告の基礎を押さえ、目的に合った方法を選択しましょう。

ただひとつだけ忘れないでほしいのですが、ネット広告でいくら宣伝を上手くしても、自社サイト自体のデザインや構造等が不適切であればビジネスの結果にはつながりません。そのため、自社サイトの日々の改善は不可欠です。広告対策と同時に、サイト改善対策も、ツール等を上手く活用して進めていきましょう。サイト改善の際におすすめなのが、ウェブ解析ツール『AIアナリスト』です。サイトのウェブ解析による正確なデータからサイト改善案を提案してくれるすぐれものです。私も実はこれを使っているのですが、とても使いやすくかつ的確な改善案をもらえるので、重宝しています!ぜひ使ってみてください。

ウェブ解析ツール『AIアナリスト』